お役立ちブログ

ビジネス

公開日:

更新日:

契約違反による違約金とは?契約書への記載や相場・上限を解説!

契約違反による違約金とは?契約書への記載や相場・上限を解説!

本記事では契約違約金について解説します。具体的には、違約金の相場上限やルール、契約書への明示の可否や電子契約書での記載方法について説明します。契約違約金に関心がある方は、ぜひ読み進めてください。

違約金とは

違約金とは、契約を履行しなかった場合に発生する罰金のことを指します。具体的には、契約書に定められた期限や条件を満たさなかった場合に支払われる場合があります。違約金は、契約によって定められた金額や算定方法に基づいて決定されます。

一般的には、契約書に明示された金額の一定割合や、契約にかかる損害賠償額を支払うことが求められます。違約金は、契約書に記載された内容を守ることが重要であることを示すために設けられる場合があります。

違約金の相場・上限

違約金の相場や上限は、契約内容や業界によって異なります。一般的には、違約金の金額は契約金額の一定割合や、契約期間に応じた金額などが定められます。また、契約によっては、違約金が発生しない場合もあります。
例えば、携帯電話会社の契約においては、違約金は2万円から3万円程度が相場であり、上限も3万円程度が一般的でした。

その後2022年4月に携帯会社における解約違約金の上限が1000円に変更されています。一方、不動産業界においては、賃貸借契約においては、賃料の2〜3ヶ月分程度が違約金として設定されることが多いです。また、建設業界においては、工事契約においては、契約金額の10%〜30%程度が違約金として設定されることがあります。

ただし、違約金の上限は法律によって制限されている場合があります。例えば、消費者契約法では、契約金額の10%までの違約金しか認められておらず、それ以上の金額を設定することはできません。したがって、違約金の相場や上限を設定する場合には、契約書や法律の規定に従って設定する必要があります。

違約金の発生するケース

違約金の発生するケースは、契約書や法律によって異なるため、具体的な事案に対しては、法律専門家に相談することをお勧めします。

違約金が発生するケースには、主に以下の2つがあります。

債務不履行責任(民法415条)

民法415条には、「債務不履行によって生じた損害を賠償する責任」という内容が規定されています。つまり、契約を履行しなかった場合、その不履行によって相手方に損害が生じた場合には、その損害を補償する責任が生じるということです。

具体的には、契約書に定められた期限や内容に沿って履行しなかった場合、約束した場所や数量に沿って物品を届けなかった場合、品質が約束したものと異なった場合などが該当します。また、民法では「相手方の要求に応じて履行しなかった場合も同様」とも規定されており、相手方が要求した内容に沿って履行しなかった場合も債務不履行とされます。

債務不履行によって生じた損害の賠償額は、契約書に定められた違約金や、実際に生じた損害額を基に算定されます。したがって、契約を履行する際には、契約書に明示された期限や内容に沿って履行することが大切です。また、債務不履行が発生した場合には、早急に相手方と協議し、損害賠償などの解決方法を検討する必要があります。

不法行為責任(民法709条)

民法709条には、「不法行為によって生じた損害を賠償する責任」という内容が規定されています。不法行為とは、法律上の義務に違反して他人に損害を与えた行為のことを言います。

具体的には、交通事故や傷害事件、名誉毀損、プライバシー侵害などが該当します。不法行為によって生じた損害の賠償額は、実際に生じた損害額や慰謝料、精神的苦痛に対する賠償金などを基に算定されます。

不法行為による損害賠償責任は、契約による債務不履行責任とは異なり、法律上の義務に違反したことによって生じる責任です。したがって、契約書に明示された義務以外にも、法律上の義務に注意することが大切です。また、不法行為によって損害を与えた場合には、早急に相手方と協議し、損害賠償などの解決方法を検討する必要があります。

契約書への違約金の記載のルール

違約金の発生条項を記載する

契約書に違約金の発生条項を記載することで、契約当事者の不履行に対する罰則を定めることができます。違約金の発生条件や金額、支払い方法などを明確にしておくことで、契約違反を防止することができます

文章のテンプレート

違約金の発生条件や金額、支払い方法などは、契約の内容によって異なりますが、一般的には以下のような文章が使用されます。

「当事者が、本契約に定められた義務を履行しなかった場合、他の当事者は、当該不履行によって生じた損害を賠償請求することができる。また、当該不履行に対して、当事者の予め合意した金額の違約金を支払わなければならない。違約金の金額は、当事者間で合意の上定める。なお、当事者が履行遅滞等によって本契約に違反した場合、違約金は遅延損害金を含むものとし、支払われた違約金は遅延損害金の支払いに充当されるものとする。」

契約書に記載しなくても請求できる

契約書に違約金の発生条項を記載しなくても、民法上の損害賠償責任に基づいて損害賠償を請求することができます。ただし、契約書に違約金を明示しておくことで、契約当事者間で紛争が生じた場合に違約金の金額や支払い方法などを明確にすることができ、紛争の解決が容易になることがあります。したがって、違約金の明示は契約の安定性を高めるためにも重要です。

電子化した契約書へも違約金の記載可能

電子契約書にも違約金の発生条件や金額、支払い方法などを記載することができます。ただし、電子契約書においても、契約当事者間での合意が必要となります。

電子契約書の場合、電子署名法に基づく署名が必要となります。署名の方法については一般的にはデジタル署名などが使用されます。また、電子契約書においても、契約書の作成者が法律上の要件を満たしていること、契約内容が明確であることが求められます。違約金の発生条件や金額、支払い方法などについても、明確に記載することで、電子契約書の有効性や紛争解決の容易性を高めることができます。

電子契約書については、こちらも併せてご参考ください。
➡︎電子契約と書面の契約の違いとは?電子化のメリットを紹介

契約解除も電子化可能

契約解除についても電子化が可能です。契約解除には、契約解除通知書や契約解除合意書などがあります。電子化する場合には、契約当事者間での合意が必要となります。また、電子署名法に基づく署名が必要となります。署名の方法についてはデジタル署名などが使用されます。

契約解除通知書

契約解除通知書とは、契約の一方が相手方に対して契約を解除する旨を通知する書面です。通知書には、契約の種類や契約期間、解除理由、解除効力発生日などが記載されます。
一般的には、以下のような内容が含まれます。

  • 通知書の日付
  • 相手方の名称、住所、連絡先
  • 契約の名称、契約期間、契約書番号などの契約情報
  • 解除理由の詳細
  • 解除効力発生日
  • 適用される法律や条項

通知書は、相手方が受領した時点で効力を発生するため、送付方法や送付先、受領の確認方法には十分注意する必要があります。また、契約書に違約金の規定がある場合には、違約金の支払い方法や金額についても記載されることがあります。

契約解除通知書の作成には、契約書の内容や適用される法律に十分に精通していることが必要です。契約解除に関する手続きが正しく行われない場合には、法的なトラブルや損害賠償の請求などのリスクがあるため、注意が必要です。

電子契約について詳しくはこちらで解説していますのでご参考ください。
➡︎電子契約とは?仕組みや電子化できる契約・書類を分かりやすく解説!

契約解除合意書

契約解除合意書とは、契約の一方が相手方と合意して契約を解除する旨を書面で確認する書類です。通常、契約の解除理由や解除後の義務、違約金の有無や支払い方法などが取り決められます。
一般的には、以下のような内容が含まれます。

  • 合意書の日付
  • 解除する契約の名称、契約書番号などの契約情報
  • 解除の理由の詳細
  • 解除後の各当事者の義務や責任
  • 違約金の有無、またその支払い方法や金額
  • 合意書の締結に必要な手続きや署名欄

契約解除合意書は、契約当事者の双方が同意した上で作成されるため、相手方との協議が必要となります。また、契約解除合意書を作成する際には、法律や条項に適合するように注意が必要です。

契約解除合意書は、契約解除通知書とは異なり、単に契約の解除を通知するだけでなく、当事者間で合意が成立したことを書面で確認することが目的です。契約解除通知書と異なり、契約解除合意書に署名することで、当事者間での約束が法的に有効になります。

まとめ

本記事では契約違約金について解説しました。契約違約金とは、契約書に定められた条件に違反した場合に支払われる罰則金であり、金額や条件は地域や産業、契約内容によって異なります。契約書に違約金を明示することが一般的であり、電子契約書でも違約金を記載することができます。契約違反が発生した場合に適切な罰則を課すためにも、契約違約金について正確な理解を持つことが重要です。

紙・印鑑、郵送、すべてさようなら!サインタイムは、従来の紙のプロセスを電子上で実現できる電子契約サービスです。
使い方がとても簡単で様々な業界のお客様よりご利用いただいております!
まずは、30分間のZoomにてアプリのデモをご体験しませんか?

Zoomでの30分間相談窓口、今すぐ予約!

一覧へ戻る

資料請求