お役立ちブログ

DX

公開日:

更新日:

なぜ教育にDX(デジタルトランスフォーメーション)が必要なのか?具体例を交えて解説

なぜ教育にDX(デジタルトランスフォーメーション)が必要なのか?具体例を交えて解説

教育DXは、小学校から高校、大学までの教育機関と学生との関係を根本的に変える取り組みです。

急速に変化する現代社会において、伝統的な教育手法だけでは対応しきれない課題が浮上するようになり、さらにはコロナ禍を経て、デジタル変革がますます教育分野で注目を集めるようになりました。

そこでこの記事では、教育におけるDXの重要性を、具体例を交えて解説していきます。学校運営から学生とのコミュニケーションまで、DXがもたらす効果を探り、未来の教育における新たな可能性に迫ります。

教育DXとは?

教育DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、教育分野においてデジタルテクノロジーを導入し、教育プロセスや学習体験を根本的に変える取り組みです。DXを導入することによって、かつての「伝統的な」教育、つまり生徒が単に教室で講義を受けるスタイルは過去のものとなり、生徒や教職員がテクノロジーを活用してより効果的かつ柔軟に学び、教えることを可能にします。

これには教育機関と学生との電子契約を始めとし、オンライン教育、デジタル教材の導入、学習管理システムの活用などが含まれます。教育DXは、生徒たちが時代の要請に即したスキルを身につけ、教育機関が効率的に運営されるための重要な取り組みとして注目されています。

ICT教育との違い

ICT教育のICT(Information and Communication Technology)は情報通信技術という意味で、教育DXとは異なります。ICT教育は教育のデジタル化であり、主に技術の利用に焦点を当てています。

これに対し、教育DXはデジタルテクノロジーを組織全体に統合し、学習環境やプロセス全体を変革する総合的なアプローチのことを指します。ICT教育を導入することで、より柔軟で効果的な学習環境が構築され、教育現場でのデジタルトランスフォーメーション(DX)が実現するようになります。

GIGAスクールとの違い

GIGAはGlobal and Innovation Gateway for Allの略で、全ての人のためのグローバルで革新的なゲートウェイ(入り口)という意味になります。GIGAスクールは文部科学省主導で取り組まれている教育構想で、学習者にデバイスや高速なネットワーク接続を提供することに焦点を当てています。

また、GIGAスクールが実現した後の状況を「アフターGIGAスクール」と総称し、インフラ整備やセキュリティ問題など、GIGAスクールが実現した後に浮かんでくる問題点などに焦点を当てる際に使われます。

一方、教育DXはこれに留まらず、デジタル技術を教育全体に展開して学習プロセスや管理を改善し、より柔軟で効果的な学習環境を構築することに焦点を当てています。つまり、教育DXはGIGAスクールが実現した後の総括的な到着点を指しています。

EdTech(エドテック)との違い

EdTechはEducationとTechnologyをかけた造語で、教育分野をテクノロジーの力で変革することを言います。EdTechは単に教育に技術を組み込むことを指しますが、教育DXはこれに加えて、学習方法や組織の在り方を根本的に変えることを目指します。

教育DXは、テクノロジーを学習者や教育者が活用しやすい形で統合し、学習の質と効果を向上させることを追求するための、もっと総括的な概念になります。教育DXはEdTechを導入した後の、最終的なゴールのようなものだと認識すると良いでしょう。

教育現場にDX化が必要とされる理由

近年、教育現場でのデジタルトランスフォーメーション(DX)が求められる主な理由は複数あります。詳しく見ていきましょう。

リモート教育の必要性

コロナ禍の影響から学びの場がオンラインに移行する中、リモート教育の必要性が一層浮き彫りになりました。デジタルツールを駆使したリモート教育は、地理的な制約を克服し、生徒たちにとって柔軟でアクセス可能な学習環境を提供します。これにより、学びの場が物理的な教室に限定されない新しい学習機会が広がります。

デジタルネイティブ世代に合った教育の必要性

急速なテクノロジーの進展により、従来の学習方法だけでは学生たちが必要なスキルや知識を獲得することが難しくなっています。デジタルネイティブである現代の学生たちは、デジタルテクノロジーに親しんでおり、彼らに適した教育手法や学習ツールを導入することで、興味を引き、主体的な学びを促進することが期待されます。デジタルツールを活用したインタラクティブで参加型の学習が、ネイティブ世代に合った効果的な教育を可能にします。

政府の教育デジタル化の推進

多くの国々が積極的に教育デジタル化を進めており、日本の文部科学省も、教育DX(デジタルフォーメーション)を推進しています。これは、国の競争力向上や将来の労働力の向上を目指し、同時に新たな世代の学習スタイルや社会に適応する力を育むことを目指しています。

デジタル技術の導入により、教育現場の効率化や学習体験の向上、さらには教育内容のカスタマイズが可能になります。これにより、すべての学生が平等な学習機会を享受できるようになり、より柔軟で効果的な学習環境が構築され、未来の社会に適応できる人材の育成が期待されます。

教育のDX化によって得られるメリット

教育のDX化にはさまざまなメリットがあります。それぞれ見ていきましょう。

リモート学習が可能に

教育DXでデジタルツールを導入することで、場所を選ばないリモート学習が可能になります。コロナ禍のようなパンデミックや大規模な災害時など、学校へ登校することが難しい場合でも継続的に学習が可能となります。教育機関同士や生徒同士のコラボレーションも促進され、遠隔地の教育機関との連携も容易になります。

またこのような学習を取り入れることで、学校へ登校できない生徒や遠方に住んでいる生徒にもリモートで授業が受けられる体制が整い、教育格差の解消にも貢献することができます。さらにバーチャルリアリティや拡張現実などのテクノロジーを導入することで、新しい学びの形を実現し、より豊かな学習体験が期待できます。

個別のニーズに合わせた教育が可能に

デジタルな学習コンテンツが導入されることで、学生は自分のペースで学習し、個別のニーズに合わせた教育を受けることができます。教科書だけでは理解しづらい内容でも、動画やアニメーションといった音声や視覚情報によって学習することにより理解が深まります。

さらに、学習データの蓄積・分析により、生徒の得意分野や苦手分野の把握、学習の進捗状況の管理といった、子供一人ひとりに合った教育方針の改善に役立てることができる様になります。

事務作業の効率化

教育機関のデジタル化によりペーパーレス化が実現可能となり、教育文書や手続きがデジタルで管理されることで、今まで莫大な時間がかかっていた事務的手続きを効率化することができます。

これらのメリットは職員側だけではありません。生徒も今まで紙で提出していた提出物などがボタンひとつで書類の手続きが完了したり、紛失や破損などのリスクが無くなり、シームレスな事務手続きが可能となります。

教育DXの具体的な推進方法

教育DXを具体的に推進する方法はいくつかあります。教育DXを具体的に進める手法において、テンプル大学の実例を挙げてみましょう。

課題の認識

教育DXの初めには、大学内外の課題を明確に認識することが重要です。このフェーズでは、ステークホルダーとの協力やフィードバックを取り入れ、具体的な改善点を明確にしていきます。

テンプル大学では、従来の契約プロセスにおいて契約締結に時間がかかっていた問題や、業務プロセスも各部署によってバラバラだったことなどを分析しました。また、在宅勤務に対応できる業務プロセスが構築できていなかった問題も課題に挙げました。

DX化できるサービスの検討

課題を把握したら、その課題を解決してDX化できるサービスを検討します。テンプル大学では、電子契約の一元管理と業務効率化を図るため、サインタイムの導入を検討しました。

テンプレート機能や一斉送信ができる機能に加え、導入後もスムーズに運用できるように、誰でも使いやすいユーザーインターフェースであるということ、さらには日英バイリンガル対応可能な仕組みを提供しているということも、導入するきっかけになりました。

サービスの導入およびテスト運用

検討したDXサービスを導入する際には、段階的な導入やテスト運用の実施が重要です。さらに導入後には、利用者フィードバックを取り入れながら適切な調整を行い、システムの最適化を図ります。

テンプル大学では、まずIT部門が最初のテストを行い、その後、このソリューションを必要とするユーザーでフォーカスグループを作り、機能等に問題がないことを確認し、他の部署にも導入が行われました。サインタイムのインターフェースは使いやすく、ほとんどのユーザーはトレーニングなしで使用することができました。現在は、もっと直感的に使えるようにシステムの調整や改善を図っています。

テンプル大学の事例についてさらに詳しく知りたい方は、テンプル大学事例をご参考にしてください。

サインタイムが提供するソリューション

大学のDX化においてペーパーレス化から始める理由とメリット

教育機関においてDXの導入は欠かせません。サインタイムでは、教育DXの導入において、まずはペーパーレス化から始めることをおすすめしています。

サインタイムが提供する電子契約サービス・スキャナ保存サービスでは、今まで紙と手作業で行っていた事務手続きにおいてペーパーレス化が実現できます。

具体的にどのようなソリューションが実現できるか見ていきましょう。

全面的なコンサルサポート

ITに詳しくない学校がDXを導入するのは、なかなか重い腰が上がらないかもしれません。

サインタイムでは、導入前のコンサルおよび導入に関する全面的なサポートを行っています。テスト環境の提供、既存の書類のフォーマットを電子化するための編集方法の提案、テンプレート登録、学生や教職員向けのマニュアル作成、本稼働に向けてのトレーニングなど、既存の環境に合わせた導入のサポートをいたします。

クラウドにネイティブに構築

サインタイムはAWSの最新テクノロジーを活かし、クラウドにネイティブに構築されています。これにより、学校は物理的なサーバーの制約から解放され、ユーザーはいつでもどこからでもアクセスできます。サインタイムのクラウド構築により、学内の異なる部門での業務プロセスを一本化し、業務の改善・効率化を実現しました。

あらゆる契約書形式をサポート

サインタイムは、PDF以外の多様な形式に対応しています (Word、PowerPoint、Excel、jpegなど)。これにより、学校側は異なる形式の契約書や文書を効果的に取り扱い、柔軟かつ多岐にわたる業務ニーズに対応できます。

SMSと電子メール両方による通知システム

サインタイムは、SMSと電子メールの双方を活用した通知システムを導入しています。これにより、メールを見ない学生であっても、スマートフォンから署名することができます。

「一斉送信」による管理作業の節約

サインタイムの「一斉送信」機能は、学校側が多数の学生に同時に契約書を送信する場合に非常に有用です。この機能を活用することで、入学契約書やフォームの配信が迅速かつ正確に行えます。サインタイムの導入により、職員やスタッフが他の業務に専念でき、業務全体の効率を向上することができます。

電子化できない書類のスキャナ保存

電子契約が使用できないケースでも、紙で締結した書類はスキャナ保存機能を使用することによって、すべての書類をデジタルで一元保管・管理することができます。

サインタイムのスキャナ保存は、総務大臣認定のタイムスタンプが使い放題となっており、電子帳簿保存法にも対応しています。

書類の電子保管、スキャナ保存については、こちらの記事からご覧いただけます。
➡︎スキャナ保存って何?メリット・デメリットや導入方法を徹底解説!【電子帳簿保存法改正】

サードパーティアプリケーションとの統合が簡単

サインタイムは、教育機関の多様なアプリケーションとのシームレスな統合をサポートするために、高度なAPIプログラムを提供しています。これにより、他の主要なERPやHRMシステムなどとの統合が容易になり、既存のITインフラを最大限に活用できます。

最新のAIの導入

サインタイムは、最新のOpenAIアーキテクチャの一部も統合しており、AIテクノロジーの最新動向に追従しています。これにより、最新のAI機能を活用して契約プロセスを革新し、未来にわたって競争力を維持できます。

AIテクノロジーについて気になる方は、sales@signtime.com にお問い合わせください。

まとめ

教育のDX化を考えるなら、電子契約サービス・スキャナ保存のサインタイムがおすすめです。

「DX化したいけど何から始めればいいか分からない」という教育機関にも、サービス導入時から契約書の送付時まで、全面的にサポートいたします!

DXの導入には、課題もたくさん出てくるかと思います。そんな時にも、現在のお悩みをヒアリングし、学校ごとに最適な方法やプランをご提案いたします。

まずはお気軽にお問い合わせください。

Zoomでの30分間相談窓口、今すぐ予約!

一覧へ戻る

資料請求